上下の前歯がガタガタしている、口が閉じにくい(22歳 女性)
事例 2

上下の前歯がガタガタしている、口が閉じにくい(22歳 女性)

術前又は術後の写真に通常必要とされる治療内容

主訴
上下の前歯がガタガタしている、口が閉じにくい
診断名あるいは主な症状
叢生、過蓋咬合
年齢・性別
22歳0か月 女性
治療に用いた主な装置
マルチブラケット装置、歯科矯正用アンカースクリュー
抜歯部位
上顎両側第一小臼歯、上顎右側第三大臼歯、下顎両側第二小臼歯、下顎両側第三大臼歯
治療期間
2年4か月
治療方針
上顎両側第一小臼歯、上顎右側第三大臼歯、下顎両側第二小臼歯および下顎両側第三大臼歯を抜去し、上下顎の歯の排列および上顎中切歯と側切歯の圧下を行うこととしました。

費用等に関する事項

治療費
827,200円(税込)

治療等の主なリスク、副作用等に関する事項等

リスク・副作用
歯:齲蝕(むし歯)、歯質の欠損、歯根吸収、骨癒着、歯髄炎、歯髄壊死
歯周組織:歯肉炎、歯周炎、歯槽骨骨吸収、フェネストレーション、歯肉退縮、知覚過敏
軟組織:外傷、やけど(化学的・機械的)、アレルギー(特にニッケルとラテックス)
歯科矯正用アンカースクリュー:破損、脱離、誤飲、歯根損傷
その他:(歯などの)痛み、装置の破損・脱離・誤飲、顎関節症、細胞毒性、感染、放射線被曝、治療期間の長期化、治療目標が完全に達成できない、後戻り、非症候群性原発性萌出不全(Primary Failure of Eruption)
治療前
治療中
治療後
治療後2年

上顎両側第一小臼歯と頰側にとび出した下顎両側第二小臼歯を抜去して叢生の治療を行いました。また、アーチワイヤーを屈曲して上顎中切歯と側切歯の圧下を行うことにより、過蓋咬合の改善を行いました。治療後は歯列だけでなく、口元の形も美しくなりました。治療後2年の経過も良好です。上顎左側第三大臼歯は今後抜去する予定です。

相談を受け付けております。
歯並びにお悩みがある方はお気軽にお問い合わせください。

カウンセリングを予約する

最新事例一覧

上下の前歯がガタガタ(20歳 女性)
事例 14

上下の前歯がガタガタ(20歳 女性)

前歯が重なっている(19歳 男性)
事例 13

前歯が重なっている(19歳 男性)

前歯が出ている(19歳 女性)
事例 12

前歯が出ている(19歳 女性)

⻭並びが気になる、左上の⻭が内側に⼊っている(28歳 男性)
事例 11

⻭並びが気になる、左上の⻭が内側に⼊っている(28歳 男性)

前歯のガタガタが気になる(27歳 女性)
事例 10

前歯のガタガタが気になる(27歳 女性)

相談を受け付けております。
歯並びにお悩みがある方はお気軽にお問い合わせください。

カウンセリングを予約する