鹿児島市天文館/矯正治療専門歯科

初診WEB予約

指定⾃⽴⽀援医療機関(育成医療・更⽣医療)
⻭科矯正診断・顎口腔機能診断施設

よくあるご質問です

この他にもわからないことがありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

Q.歯並びが正常かどうか、相談だけでも受けられますか?

A.相談だけでも大丈夫です。当院では無料矯正相談を行なっておりますので、お気軽にお越しください。

Q.目立たない矯正装置はありますか?

A.歯の表側の白い装置や、歯の裏側の装置、透明なマウスピース型矯正装置などがあります。これらの中からご希望に合わせてお選びいただけます。

Q.矯正装置をつけて金属アレルギーが出ることはありますか?

A.あります。特に、ニッケルアレルギーが問題になります。アレルギーをお持ちの患者様の場合は、原因物質を含まない器具や材料を用いて治療を行っていきます。

Q.矯正装置をつけると、発音や食事がしづらいと聞きますが、どの程度でしょうか?

A.歯の表から装置であれば、発音や食事のしづらさはあまり気にならないと思います。歯の裏側の装置は、見た目がいい反面、発音や食事がしづらくなります。程度は人によってさまざまですが、仕事で話や食事をする機会が多い方などは注意が必要です。

Q.歯並びがよくなると顔つきが変わると聞きましたが、実際にはどのように変わるのでしょう?

A.全ての方で歯並びが顔つきに影響をおよぼすわけではありませんが、例えば出っ歯の方の前歯の位置を変えることによって口元の突出が改善するような変化がおこります。

Q.治療後、元に戻ったりはしないのですか?

A.矯正歯科治療を行なった後は後戻りする可能性がありますので、治療後の後戻りを防ぐために保定装置を使用していただきます。また、治療が終わった後も定期的な経過観察を行い、保定装置の状態を確認をしていきます。

Q.歯を抜く必要がありますか?

A.当院では、歯を抜くか抜かないかは必ず検査・診断を行ってから決めていきます。歯を抜かずに並べることができるのであれば、抜かずに治療を行います。しかし、骨の大きさに対して歯が大きい場合、無理に歯を並べてしまうと、出っ歯になったり、歯肉退縮や知覚過敏を引き起こす可能性があります。

Q.治療中にしてはいけないことがありますか?

A.日常生活において、特に大きな制限はありません。

Q.さし歯や金属の歯があっても治療は可能でしょうか。

A.可能です。ただし、治療前に形態修正を行なったり、治療後につくり直しをしなければならない場合もあります。

Q.矯正装置がつくと、むし歯が心配です。

A.矯正歯科治療中にむし歯にならないように、毎日、正しい歯磨きを行なってください。装置を装着したときには、それぞれの装置に適した歯磨きの指導なども行なっています。

Q.悪い歯並びをそのままにしておくとどうなりますか?

A.絶対ではありませんが、歯磨きがしにくいので、虫歯や歯周炎などの原因になる可能性があります。

Q.歯が動くときの痛みはどの程度ですか?

A.矯正歯科治療による歯の痛みは、毎回調節した後1週間くらい続きます。慣れないうちは食事も大変ですが、次第に慣れてきます。痛み止めのお薬を服用するほどではありません。

Q.期間と通院はどれくらい必要ですか?

A.治療期間は治療の内容によって異なりますが、1〜3年くらいが一般的です。治療中の通院は、1〜2か月に1回程度になります。

Q.分割払いなどは可能ですか?

A.可能です。必要な方はご相談ください。

Q.治療費の目安はどれくらいですか?

A.治療の内容や期間によって異なりますが、子供の治療で30万円程度、大人の治療で80万円程度になります。歯の裏からの装置や透明な装置を使用する場合には、これらよりも高くなる場合があります。

Q.矯正歯科治療は何歳まで受けられますか?

A.歯や歯ぐきの状態が健康であれば、何歳でも矯正歯科治療を受けることができます。

Q.転勤などで通院できなくなった場合はどうすればいいですか?

A.矯正歯科治療は同じ医院で治療を完結したほうがいいので、転勤の可能性がある場合はなるべく治療を控えたほうがいいと思います。ただし、やむを得ない転勤もあると思いますので、その際には転居先の医院と連携しながら、なるべくスムーズな転院ができるように手配致します。

Q.虫歯や歯肉炎がある場合、治療はどうなりますか?

A.虫歯や歯肉炎などがある場合は、矯正歯科治療を始める前に治療をしていただきます。 また、治療の途中で虫⻭や⻭肉炎などが見つかった場合は、矯正⻭科治療よりも虫⻭や⻭肉炎の治療を優先して行います。

Q.税金の医療費控除を受けるには、どうすればよいですか?

A.詳細は国税庁のwebページに説明がありますので、そちらをご覧ください。
国税庁のホームページ:No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)
国税庁のホームページ:No.1128 医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例

Q.駐車場はありますか?

A.近隣の駐車場をご利用ください。診療時間に応じて駐車場代をお出しします。

Q.矯正だけで歯並びはよくなりますか?

A.多くの場合は矯正歯科治療だけで歯並びがよくなりますが、顎骨や軟組織も問題がある場合は、手術や筋機能療法を併用して治していきます。

Q.治療を始めるにあたり、親として気をつける事は?

A.取り外しの矯正装置の場合は、指示通りの使用方法と時間で装置を使うように気をつけてあげてください。また、矯正装置の有無にかかわらず、虫歯ができないように歯磨きにも気をつけてください。

Q.治療中でも、スポーツは普通にできますか?

A.矯正歯科治療中でも、スポーツをすることはできます。ただし、相手と接触するようなスポーツの場合は、矯正装置によって怪我をする可能性もあります。そのようなスポーツをされる場合は、治療前にご相談ください。

Q.受け口は早めの治療が大切と聞きましたが、なぜですか?

A.受け口は成長とともに悪化するので、なるべく早く治療をしていきます。ただし、重度の受け口は、早めの治療だけでは治らないので、成長が止まった後に手術をともなう矯正治療で治していきます。

Q.発音が悪いのですが、歯並びと関係ありますか?

A.発音の良し悪しは、歯並び以外の要因も影響しますので一概には言えません。歯並びが原因ではないと考えられる場合は、他の専門医院への受診をおすすめします。

Q.まだ乳歯が残っていますが、治療を始めるには早いでしょうか?

A.矯正歯科治療の中には、乳歯が残っている時期にしたほうがいいものもありますし、早めにしなくていいものがあります。それぞれの患者様の状態を確認してから、適切な治療の開始時期を説明させていただきます。

Q.子供が検査や治療に耐えられるか心配です。

A.矯正歯科治療は、ご両親だけではなくお子様の協力も必要不可欠です。無理に治療を進めるのではなく、しっかりと検査や治療に慣れてから行うように配慮していきますのでご安心ください。

Q.受験前に矯正歯科治療をはじめるのは、避けたほうがよいですか?

A.受験前でも矯正歯科治療を始めることは問題ありません。ただし、進学先が遠くて転居の可能性がある場合には、転居先で矯正歯科治療を始めるほうがいいと思います。

Q.子どもの矯正について相談するのは、何歳くらいがよいですか?

A.一般的には、小学校に入って大人の前歯がはえ始める8歳頃に相談されるといいです。当院では無料相談がありますので、それより前の時期でも、気になることがあればいつでもご相談ください。

Q.子どものときから矯正歯科治療を始めるメリットとはなんですか?

A.子どもの時に矯正歯科治療を行うメリットは、歯や骨の成長を利用した治療を行うことができることです。また、歯並びが子供のコンプレックスになっている場合は、早期治療を行うことによって心理的負担を改善する目的もあります。子供の時から治療を行うと治療期間が長くなるというデメリットもありますが、それでもこれらのメリットのほうが上回ると考えられる場合に治療を行なっていきます。

Q.子どもの治療に対して、親としてはどんなことに気をつければよいでしょうか?

A.矯正歯科治療は、ご両親とお子様両方の協力が必要不可欠です。無理に治療を押し付けるのではなく、少しずつでも治療に慣れていくように気をつけてください。また、虫歯などができないように毎日の歯磨きにも気をつけてください。

Q.中学生でも舌側矯正は可能でしょうか。

A.可能です。ただし、歯が小さかったり、歯周炎や開口障害などがある場合は、できない場合があります。

Q.治療途中で妊娠しても大丈夫でしょうか。赤ちゃんに影響はありませんか。

A.治療途中で妊娠しても、歯を移動させることによって赤ちゃんに影響が出ることはないと考えられます。ただし、妊娠中はレントゲン撮影や投薬を避けなければならないので、治療期間が長くなる可能性はあります。