マウスピース型矯正装置が苦手な治療とは?

マウスピース型矯正装置が苦手な治療とは?

最近はマウスピース型矯正装置でも様々な不正咬合を治療することができるようになってきました。

それでもやはり、マウスピース型矯正装置とマルチブラケット装置では歯を動かす仕組みが異なるため、それぞれ得意な治療もあれば苦手な治療もあります。

では、マウスピース型矯正装置が苦手な治療とはどのようなものでしょうか?

2023年のアメリカ矯正歯科学会雑誌(American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics)に、マウスピース型矯正装置(Invisalign)とマルチブラケット装置(fixed appliances)を用いたときの上顎前歯の動きを比較した論文がありますので紹介します。

Murphy SJ, Lee S, Scharm JC, Kim S, Amin AA, Wu TH, Lu WE, Ni A, Ko CC, Fields HW, Deguchi T. Comparison of maxillary anterior tooth movement between Invisalign and fixed appliances. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2023 Jul;164(1):24-33.

この論文を読むと、マウスピース型矯正装置(Invisalign)とマルチブラケット装置(fixed appliances)で、最終的な治療結果の質は大きく変わらないことが分かります。

ただし、詳細に分析してみると、マウスピース型矯正装置(Invisalign)は犬歯の回転(rotation)と傾斜(tipping)、および切歯と犬歯のトルク(torque)、といった歯の動きが苦手であることが分かります。

このようにマウスピース矯正では苦手な歯の動きがありますので、正確に歯を動かすためには定期的に来院していただき、随時、歯の動きを確認したり修正を行ったりする必要があるということをご理解ください。

関連する「矯正歯科コラム」の投稿

連携医療機関の紹介(5)-鹿児島市立病院 歯科・歯科口腔外科

連携医療機関の紹介(5)-鹿児島市立病院 歯科・歯科口腔外科

今回は、鹿児島市上荒田町にある「鹿児島市立病院 歯科・歯科口腔外科」を紹介します。 医療機関・診療科名:鹿児島市立病院 歯科・歯科口腔外科 部長:新田哲也先生 住所:〒890-8760 鹿児島市上荒田町37番1 電話:0…

続きを読む
2024年の矯正歯科治療について

2024年の矯正歯科治療について

昨年(2023年)を振り返ると、矯正歯科の業界ではマウスピース矯正にまつわるいろいろな問題が表面化した1年でした。 しかしそのお蔭で、これまでいろいろな大手歯科医院が宣伝して加熱気味だったマウスピース矯正ブームが落ち着き…

続きを読む
子供の治療におけるヘッドギアの効果

子供の治療におけるヘッドギアの効果

上顎前突の子供の治療において用いられる装置の一つにヘッドギアがあります。 このヘッドギアの治療効果とは、実際どのようなものなのでしょうか? ヘッドギアの治療効果について我々が行なった研究が、2020年に論文発表されていま…

続きを読む
連携医療機関の紹介(4)-副島デンタルクリニック

連携医療機関の紹介(4)-副島デンタルクリニック

今回は、鹿児島市東千石町にある「副島デンタルクリニック」を紹介します。 医療機関名:副島デンタルクリニック スタッフ:副島健太郎先生 住所:〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町14-6 電話:099-227-00…

続きを読む
第82回日本矯正歯科学会学術大会

第82回日本矯正歯科学会学術大会

2023年11月1日から3日にかけて、新潟市で開催された第82回日本矯正歯科学会学術大会に参加してきました。 日本矯正歯科学会はこれまで、諸般の事情によりマウスピース矯正に対して消極的だったのですが、本大会からマウスピー…

続きを読む

相談を受け付けております。
歯並びにお悩みがある方はお気軽にお問い合わせください。

カウンセリングを予約する