マウスピース型矯正装置は歯根吸収が少ない!?

マウスピース型矯正装置は歯根吸収が少ない!?

矯正歯科治療における代表的な偶発症の一つに歯根吸収がありますが、2023年のProgress in Orthodonticsに、マウスピース型矯正装置マルチブラケット装置(ワイヤー矯正装置)の歯根吸収を比較した論文があります。

Almagrami I, Almashraqi AA, Almaqrami BS, Mohamed AS, Wafaie K, Al-Balaa M, Qiao Y. A quantitative three-dimensional comparative study of alveolar bone changes and apical root resorption between clear aligners and fixed orthodontic appliances. Prog Orthod. 2023 Feb 27;24(1):6.

この論文によると、マウスピース型矯正装置のほうが、マルチブラケット装置(ワイヤー矯正装置)に比べて歯根吸収が少ないことが示されています。
このような違いが起こる理由の一つとして、マウスピース型矯正装置の場合はすべての歯の移動量が計画的にプログラムされているので、歯に過度の力がかかりにくいことが挙げられます。
また、もう一つの理由としては、マウスピース型矯正装置は歯根を移動させにくいので、結果的に歯根の移動をさせやすいマルチブラケット装置(ワイヤー矯正装置)のほうで歯根吸収が多かった可能性もあります。
ところで、この論文で報告されている歯根吸収の量ですが、上顎中切歯と側切歯の平均値がマウスピース型矯正装置で0.31±0.42 mm、マルチブラケット装置(ワイヤー矯正装置)0.62±0.78 mmとなっています。
この二つの間に統計学的な有意差はありますが、臨床的にはほとんど問題にならない違いであると述べられています。
したがって、実際に治療を受けられる患者様は、マウスピース型矯正装置とマルチブラケット装置(ワイヤー矯正装置)の歯根吸収の違いはそれほど気にしなくても大丈夫だとお考えください。

関連する「矯正歯科コラム」の投稿

連携医療機関の紹介(5)-鹿児島市立病院 歯科・歯科口腔外科

連携医療機関の紹介(5)-鹿児島市立病院 歯科・歯科口腔外科

今回は、鹿児島市上荒田町にある「鹿児島市立病院 歯科・歯科口腔外科」を紹介します。 医療機関・診療科名:鹿児島市立病院 歯科・歯科口腔外科 部長:新田哲也先生 住所:〒890-8760 鹿児島市上荒田町37番1 電話:0…

続きを読む
2024年の矯正歯科治療について

2024年の矯正歯科治療について

昨年(2023年)を振り返ると、矯正歯科の業界ではマウスピース矯正にまつわるいろいろな問題が表面化した1年でした。 しかしそのお蔭で、これまでいろいろな大手歯科医院が宣伝して加熱気味だったマウスピース矯正ブームが落ち着き…

続きを読む
子供の治療におけるヘッドギアの効果

子供の治療におけるヘッドギアの効果

上顎前突の子供の治療において用いられる装置の一つにヘッドギアがあります。 このヘッドギアの治療効果とは、実際どのようなものなのでしょうか? ヘッドギアの治療効果について我々が行なった研究が、2020年に論文発表されていま…

続きを読む
連携医療機関の紹介(4)-副島デンタルクリニック

連携医療機関の紹介(4)-副島デンタルクリニック

今回は、鹿児島市東千石町にある「副島デンタルクリニック」を紹介します。 医療機関名:副島デンタルクリニック スタッフ:副島健太郎先生 住所:〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町14-6 電話:099-227-00…

続きを読む
第82回日本矯正歯科学会学術大会

第82回日本矯正歯科学会学術大会

2023年11月1日から3日にかけて、新潟市で開催された第82回日本矯正歯科学会学術大会に参加してきました。 日本矯正歯科学会はこれまで、諸般の事情によりマウスピース矯正に対して消極的だったのですが、本大会からマウスピー…

続きを読む

相談を受け付けております。
歯並びにお悩みがある方はお気軽にお問い合わせください。

カウンセリングを予約する