鹿児島市天文館/矯正治療専門歯科

初診WEB予約

指定⾃⽴⽀援医療機関(育成医療・更⽣医療)
⻭科矯正診断・顎口腔機能診断施設

あなたに最適な目立ちにくい矯正装置を提供します。

当院では、近年需要の多い「マウスピース型矯正装置」をはじめ、ワイヤー矯正である「ラビアル(上下とも歯の表側の装置)」、「ハーフリンガル(上は歯の表側、下は歯の表側の装置)」、「フルリンガル(上下とも歯の裏側の装置)」などの装置を提供しています。それぞれメリット・デメリットがありますので、しっかりと相談しながらどの装置を使うか選択していただきます。

また、歯の表に装置をつける「ラビアル」であっても、追加料金なしで白い装置を選んでいただくことが可能です。ご自分の希望にあった装置を選択してください。

あなたの治療に本当に抜歯が必要なのか、検査結果に基づいて判断します。

歯を抜かない矯正治療は、最新の矯正治療ではなく、一番古い治療法であることをご存知ですか?

「最近の矯正治療は技術が進化しているから、歯を抜かずに矯正できますよね?」以前、ある患者さんからこのように聞かれたことがあります。私は次のように答えました。「歯を抜かない矯正治療は、一番古いやり方ですよ。」

今のワイヤー矯正の原型をつくりあげたのは、近代矯正学の父と呼ばれるアメリカのEdward H. Angle先生だと言われています。実は、この先生が最初に歯を抜いて矯正治療を行なったところ、治療がうまくいきませんでした。そのため、20世紀初頭のアメリカでは、歯を抜かない矯正治療が主流になりました。

しかしその後、みんなが「歯を抜かない矯正治療」を行なった結果、それはそれでうまくいかない治療が多くあることが報告されました。歯を抜かずに無理をして並べると、治療前よりも出っ歯になったり、ガタガタな歯並びを治してもすぐに後戻りしたりします。結局、今となっては当たり前の話ですが、歯を抜くべきかどうか検査を行ってから治療を行わないと、矯正治療はうまくいかないということが分かりました。

ワイヤー矯正でもマウスピース矯正であっても、抜歯の必要性を調べてから治療を行います。

現在では、矯正治療の技術は大きく進化しています。特にデジタル技術を用いたマウスピース型矯正装置のおかげで、これまで矯正治療を行なっていなかった歯科医院でも、歯を抜かない矯正治療であれば簡単に導入できる時代になりました。

しかし、いくら技術が進歩しても、ヒトの体は変わっていません。当院では基本通り、矯正治療を行う前にしっかりと検査を行い、抜歯の必要性を調べてから治療を開始します。ワイヤー矯正でもマウスピース矯正であっても抜歯をするほうが治療は格段に難しくなりますが、100年前の失敗の歴史を繰り返すことがないように、抜歯が必要な場合は歯を抜いて治療をしていきます。もちろん検査を行って歯を抜く必要がない場合は抜かずに治療を行います。検査もせずに一律に歯を抜かない矯正治療を勧めることはしませんので、安心して治療を受けていただけます。

参考文献
1. Contemporary Orthodontics 6th Edition. William R. Proffit, Henry W. Fields, Brent Larson, David M. Sarver. Elsevier.

かわなべ矯正歯科クリニックの
矯正歯科治療へのこだわりを紹介します。