鹿児島市天文館の矯正歯科|かわなべ矯正歯科クリニック

鹿児島市天文館の矯正歯科|かわなべ矯正歯科クリニック

鹿児島市天文館/矯正治療専門歯科

初診WEB予約

指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)
歯科矯正診断・顎口腔機能診断施設

あなたに最適なマウスピース矯正の治療計画を提供します。

マウスピース矯正の普及によって、矯正治療を行う歯科医院が増えています。

マウスピース型矯正装置は、近年一番の変化を遂げている矯正装置です。デジタル技術の進化にともない、これまで矯正治療を行なっていなかった歯科医院でも簡単に導入して、矯正治療ができるようになりました。

マウスピース矯正を成功させるためには、適切な治療計画の修正が必要です!

インビザラインの場合、アライン・テクノロジー社によって自動的に治療計画が作成されますので、どこの歯科医院で治療を受けても結果は同じであると思われがちです。しかし、実際には、アライン・テクノロジー社の治療計画も高度なAI技術やビッグデータに基づいて自動作成されるようなものではなく、歯科医師でもない外国の技術者によって一つ一つ手作業で作成されています。したがって、当院では、アライン・テクノロジー社の治療計画をそのまま使うことはありません。必ず、矯正歯科医が責任を持って、一人一人の患者様とってどのような治療が望ましいかを考えながら、治療計画の修正を行なっています。

修正された治療計画は、あなたでも見分けることができます。

一般の方が、自分の治療計画が修正されているものであるのか見極めるのは難しいと思いますが、一つわかりやすい目安があります。アライン・テクノロジー社の提示する治療計画では、ほとんどの場合、歯につけるアタッチメント(小さなプラスチック)が最適アタッチメントと呼ばれる不規則な形をした出っ張りだけで構成されています。一方、矯正歯科医が修正した治療計画では、多くの場合、最適アタッチメントに加えて、通常アタッチメントと呼ばれる長方形の出っ張りが組み込まれています。もちろん絶対ではありませんが、ご自分の治療計画を確認するときには、この点を参考にしていただければと思います。

アライン・テクノロジー社の治療計画

修正後の治療計画

正確なアタッチメントの装着を追求します。

マウスピース矯正を成功させるためには、正確なアタッチメントの装着が必要です。

マウスピース型矯正装置での治療において、どのようなアタッチメントをつけるのかという設計も大切ですが、それだけではなく、いかに計画通りのアタッチメントを歯に装着するかも重要なポイントです。

ルーペを用いて、アタッチメントの形態を正確に整えます!

アタッチメントをただ手順通りに歯に装着するだけでは、周囲にプラスチックのバリが残ってしまい、装置と歯の適合が悪くなって、歯が計画通り動かない原因になります。当院では、このバリを正確に取り除くために、写真のようなルーペ(拡大鏡)を使用しています。私の知る限り、マウスピース矯正治療を真剣に行なっている矯正歯科医は、必ずルーペを使用しています。
ルーペを用いることによって、アタッチメントの形態を正確に整えることができますので、結果的に歯を計画通りに移動させることが可能になります。