鹿児島市天文館/矯正治療専門歯科

初診WEB予約

指定⾃⽴⽀援医療機関(育成医療・更⽣医療)
⻭科矯正診断・顎口腔機能診断施設

お子様にどのような矯正治療が必要なのか、検査結果に基づいて判断します。

乳歯が永久歯へ生え替わる過程は意外と複雑で、単純に小さな乳歯が抜けて大きな永久歯が生えてくるというものではありません。たとえば、お子様の乳歯が抜けて永久歯が生えてきたときに、以下のような状態だったらどうでしょう?

  • 上の前歯がすきっ歯になってきた。
  • 下の前歯がガタガタになってきた。
  • 笑った時に歯ぐきが目立つようになってきた。

大切なお子様の歯並びがこのような状態であると、つい早めに治療をしてあげたくなるかもしれません。しかし、実は、これらはすべて正常な生え替わりの過程で起きるものあり、症状が軽度であれば矯正治療行う必要はありません。

子供の矯正治療で最も大事なことは、今の歯並びを治すのではなく、永久歯が生えそろった時に正しい歯並びになるように予測して治療を行うことです。当院では、検査結果をもとに本当に必要な治療を検討した上で、子供の治療を行なっていきます。上記の例のように、今は問題があるように見えても、永久歯列が完成したときに問題が自然に解消されると考えられる場合は、治療を見送ります。逆に、今は問題がなさそうに見えても、永久歯列が完成したときに問題が生じると考えられる場合は、早期の治療をおすすめします。

お子様の歯ならびの状態にあった矯正装置を提供します。

子供の矯正歯科治療においても従来型の矯正装置に加えて、近年は「マウスピース型矯正装置」を用いることが多くなっています。子供のマウスピース型矯正装置についての一般論はさまざまなサイトなどで取り上げられていますので割愛して、ここでは治療を行う歯科医師の立場からみた、子供のマウスピース型矯正装置と従来型の矯正装置の特徴を挙げてみます。

子供のマウスピース型矯正装置(主にインビザライン-ファースト)の特徴

  • 一つの装置で前歯の排列や歯列弓の拡大などを同時に行うことができるので、うまく使うと短期間で主訴の改善ができます。
  • 主に、個々の歯の排列、軽度の歯列弓拡大、下顎の前方成長促進などの治療が可能です。
  • 治療期間に制限があります。また、歯が生え替わると装置が適合しなくなり治療がしにくくなるので、治療のタイミングを考える必要があります。

従来型の子供の矯正装置の特徴

  • 治療目的にあわせて複数の装置を組み合わせて使うことがあるので、装置の数が多くなったり、治療期間が長くなったりすることがあります。
  • 個々の歯の排列だけでなく、大きな歯列弓拡大や、上下顎骨の前後的および垂直的な成長促進または成長抑制など、様々な治療が可能です。
  • 治療期間の制限はありませんが、それぞれの治療に適した時期はあるので、複数の装置を使用する場合は、装置を使用する順番やタイミングを考える必要があります。

このように、歯並びの問題が軽度であるお子様の治療であれば、マウスピース型矯正装置を用いて短期間で治療を終わらせることも一つの選択肢になると思います。一方、難しい治療の場合は従来型の矯正装置を用いて、時間をかけながらしっかり治療を行なっていくほうがいいと思います。


参考文献
1. Contemporary Orthodontics 6th Edition. William R. Proffit, Henry W. Fields, Brent Larson, David M. Sarver. Elsevier.

かわなべ矯正歯科クリニックの
矯正歯科治療へのこだわりを紹介します。